Interior

黒気分

mont-bell UL MONO ポーチ M 相変わらず大ファンではないけど「信用しているメーカー」のmont-bell。 もちろんアウトドアと言うよりはトラベル用として活用し続けている次第です。 このポーチ実は2個目。 takeuchi.blog.houyhnhnm.jp 前回はアイスグレー色…

メキシコじゃない

オールドキリム(中東) アフヨンやコンヤなどトルコや、その他中東全域で織られていたシンプルなキリム。 主にテントの中で敷くために使われていましたそうです。 ナチュラルなブラウンカラーにオレンジの差し色がメキシカンな香りもして、純粋に可愛いです…

RUN DCM

コンベックス (DCM) ホームセンターを展開するDCMホールディングスのPB商品。 パッと見だとApple社製の何かに見えますが、 ただのメジャーです。 職業柄、常にメジャーを携帯していつでも家具や空間やパーツ等を採寸出来るようにしていますが、 これなら手の…

タケ流の燻レバ

久々にいいレバーを見つけた冬の休日。 ハーブと一緒に塩漬けして・・・ 塩抜き&2日程風乾して・・・ ヒッコリーチップと一緒にダッチオーブンにIN。 1時間程、燻製して。。。 へい、出来上がり。 スモークレバーです。 これをスライスして、 キャベツと一…

カワイ子ちゃん

加賀八幡起上り 先日、石川県に行った際に購入した郷土玩具。 「加賀八幡起上り」とは 金沢市の希少伝統工芸に指定されており、縁起ものとして親しまれてきた郷土玩具です。天皇の御幼体を赤い綿布でくるんだ産着姿をヒントに作られたそうで、子どもの厄除け…

3人からチョコ

今年もバレンタインデーがやってきました。 数日前から娘達は幼稚園や小学校の友達に渡す為のチョコレート作りに精を出していた模様。 ウチのオリジナルのカッティングボードも5年近く経った今もバリバリ使えています。 takeproduct.stores.jp 出来たようで…

熟年時代

家の古紙をリサイクルに出そうと束ねていたところ、こんな冊子が。 ついつい、作業そっちのけで見入ってしまう。 吹き矢ちょっと欲しい。なにこれ高い。 おりこうのんちゃん。かわいい。 たぶん夜中にセンサー異常で突然しゃべりだしてビビらすやつだ。 七福…

尻の下

トライバルラグ バッグフェイス(バルーチ族) 相変わらず、トライバルラグを見つける度に飛びついている竹内です。 典型的なアフガニスタンのバルーチ族のサドルバックとして使われていた物のバッグフェイス。 古いけど、フリンジの雰囲気がいい具合なので…

お気に入りの道具

ここ最近、ポップアップや注文などで完売して、オンラインに載せられていなかった 定番のカッティングボードが少量ですが、再入荷しました。 カッティングボード(CURVE) 元々は、妻のまみがし さんに何年も前に頼まれて製作したものですが、あまりに…

失敗を買う

前回の正月ネタでもちょいと触れましたが、久々にVILLAGE/VANGUARDの福袋(¥5000)を購入。 開封の記録を残します。 ヒップなファッション、カルチャー、ライフスタイルWEBマガジンのHOUYHNHNMでこんなことするのもどうかと思いますが、そんな事言った…

ただのポーチ

ここ数年、国内外問わず出張が多くなってきた、今日この頃。 そんな私も加齢とともにデオドラントグッズや薬やサプリなど、持ち運びたい物もどんどんと増えてくる始末。 そんな物を一手に収納するポーチを毎度色々と試してきたけれど、グッとくるのに出会え…

トライバルラグ ラプソディー

トライバルラグ バッグフェイス(1900年代初頭) バルーチ族のバッグフェイス。 相変わらずのトライバルラグを漁っていますが、どうしても古くて安価な物を・・・と探すと、バッグフェイス(サドルバッグと呼ばれる、馬の背中に掛けて使われたバッグの表面)に…

北陸の獅子

加賀獅子頭 【加賀獅子頭】初代藩主前田利家が金沢城に入城した時、お祝いの獅子舞が盛大に行われたと言われ、町の守護として名工を選んで彫刻させ、町会を誇示するものであった。 また、個人の家でも男子出生のお祝いとして床の間に飾る風習があり盛んに作…

オーヴァースペック

前にも言ったけど、ここしばらく色々と慌ただしくてUP出来ていない記事が溜まっています(汗) その影響からか服ネタも続きますがご容赦ください(^^;) これでも一応は材木屋でもありインテリアデザイナーでもあります。 mont-bell フリースライトスウェット …

心の旅(南国)

結構前から、何かにつけてインドネシアの特にバリ島に行く機会が多くなっている私。 BALIに滞在していると、椰子の葉で編まれた小さなお皿の中に、つみたての花々をふんだんに盛った「チャナン」が町じゅういたるところに供えられている様を目にします。 バ…

安物買いの・・・

10年以上使用しているスーツケース。 国内&海外問わず使っていましたが、中身が空でも結構な重量という所がちょっとアレだなー・・・とか思っていた矢先に、、、 コチラの3個セットのスーツケースを発見して即GET! そして、先日に都内出張で使用しまし…

UA束矢de限定販売

ここは師走の慌ただしい街の雰囲気とはちょっと違う、 凛とした空気が漂うユナイテッドアローズ原宿本店。 エントランスを真っ直ぐに進むと、見えてくる青い屋根。 はい、という訳で Take Product@束矢商店の出現です! takeuchi.blog.houyhnhnm.jp 私も珍し…

ぺー・パー子

何も考えず、ガシガシ使えるスウェットが欲しい。 あわよくば誰かくれ!的な事を思ったりもしましたが、そんな都合のいい人はいる訳無いので、自分で自分にプレゼントしたのがこれ。 SUNSHINE+CLOUD スウェット 程良い立ち襟感と長すぎない着丈。 コットンの…

出店するのであります

どうも。 続けざまの告知失礼します。 12月15日と16日の二日間限定で ユナイテッドアローズ原宿本店の「束矢商店」にてTake Productのお店がOPENします。 それに合わせて、スペシャルなコラボ商品もリリース予定です。詳しくは近日中にまた発表します。 以下…

PARKS SHOP in anarog/tool

パリを拠点にFashion Improverとして活躍している関隼平氏。 HOUYHNHNM読者の皆様としてはお馴染の方ですよね。 そんな彼が定期的に開催している「PARKS SHOP」が初めて東京を飛び出し、愛知の名店「analog/tool」にて12月8日・9日の2日間限定でOPENします…

異国の装飾

インドネシアで、ぷらりと入った骨董屋にて手に入れたオーナメント。 元は70年程前の舞踏用の衣装だったもの。 たぶん。 というのも、店番していたお爺さんが英語話せず、身振り手振りで教えてもらったので、確証は持てませんでした(笑) 何はともあれ、繊…

ある日の風景

5年ほど寝かせた桜の木。 割れやフシ、木目を読みながらマーキングしてカット。 それらを手押しのブレーナーで表面をならしながら成型。 その後、手作業で一点一点ペーパーやオイルで仕上げて Take Product定番のカッティングボードが完成。 木に合わせてな…

スカル日和

先日食べたイノシシの頭蓋骨を貰ったので、 なんとなく自宅の出入口に置いたのですが、、、 ピテール・クラースの絵画みたいで、 個人的には気に入っているので 怒られるまで、そのままにしていたら数週間経過しました。 そろそろ名前をつけてもいいでしょう…

水色眉毛のコ

金沢張子 首振虎 先日、金沢へ行った際に手に入れた張り子の寅。 ずっと前に記念切手になっていたので存在はよく知っていましたが。。。 つぶらな瞳とすました口に水色眉毛が・・・ So cute!!! 以上、玩具なのに子供には渡さない、相変わらずの困った父親…

中東と妻とギター

ジュワル袋(クルド族) ジュワルとは(大型の物入れ袋)で、小麦などの穀物や衣類などを収納するためのものです。移動のときにはそのままロバ等の家畜に積むための袋物ですが、この地域のクルド族には緻密で手の込んだ穀物袋が多く見られます。デザイン、色…

無機質とエロとカワイイ

白根ゆたんぽ ”OCTOBER NUDE” ギャラリールモンドで開催していた、白根ゆたんぽさんの個展で手に入れたドローイング。 無機質なのにキュートなエロティックさは相変わらず私の萌えポイントです。 最終日の前日だった為、諦めていましたが運良く僅かな追加分…

丁寧な仕事と不器用オジサン

バッグフェイス (アフガニスタン バルーチ族 約100年前) イラン〜アフガニスタンの国境付近で遊牧生活を営んでいた、バルーチ族によるものです。サドルバッグという、馬の背中に掛けて使われたバッグの表面です。 恐らく100年以上前に織られたオールド。 …

眼鏡達の行方

この十数年以上前から、アイウェア(主にヴィンテージCAZALなど)を収集してきた私。 ピーク時に比べたら、本数は減れども まだまだ沢山あるので、自室には常にショーケースを置いてそこに保管していたのですが・・・ ぶっちゃけ、飽きました(笑) こうやって…

グラスファイバーとトラペゾイド

CAMBLO トラペゾイドトレー(90’s) イームズのシェルサイドチェアの座面にも使われているFRP(グラスファイバーが入った繊維強化プラスチック)で作られたトレー。 以前のアレと同じように、 とある金物の有名な地域の業者の倉庫にてストックしてあった物…

BBQの季節

久々に気持ち良い天気の日曜日。 BBQというのは秋が本番。そう思っているのは私だけでしょうか? なにはともあれ、家から数十分のいつもの高原のいつものお宅の庭で久々にBBQ。 石で囲んだだけのカマドで、各々好き勝手に料理。 その合間に初めて見る薪割り…