いつも通りの田舎

気持ちの良い休日。

いつも通り家族4人で車で乗りこみ小一時間。

f:id:hynm_takeuchi:20180604151045j:image

 

いつも通り娘達とチャーチャー遊びながら

f:id:hynm_takeuchi:20180604151213j:image

 

いつも通り付いた先は木島平村

f:id:hynm_takeuchi:20180604151056j:image

 いつも通りの田舎っぷりです。

 

いつも通り、一番の目的の湧水を汲んで

f:id:hynm_takeuchi:20180604151230j:image

目的を達成したら・・・ 

 

いつも通りの麺食い家族。って二郎系かい!w

f:id:hynm_takeuchi:20180604151126j:image

 

いつも通り、娘達は好物のつけ麺。

f:id:hynm_takeuchi:20180604151148j:image

 

腹が膨れたら、

いつも通り道の駅で旬の野菜達を見て

f:id:hynm_takeuchi:20180604151251j:image

 

いつも通り、おやつはソフトクリーム。

f:id:hynm_takeuchi:20180604151302j:image

 

そんないつも通りの休日でした。

 

余談ですが、東京にいた頃は夫婦で二郎の野菜マシマシをペロリと平らげていたけど、現在は野菜・ニンニク・アブラ全部普通じゃなきゃギルティ待った無しでございます。

 

 

 

 

 

 

 

【WEB SHOP】

f:id:hynm_takeuchi:20170504093655j:plain

https://takeproduct.stores.jp/

ローナに恋して

 Lorna Simpson

f:id:hynm_takeuchi:20180531142925j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180531142941j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180531143002j:plain

f:id:hynm_takeuchi:20180531143023j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180531143045j:plain

 

大好きな写真家のローナ・シンプソン。

f:id:hynm_takeuchi:20180531143202j:plain

 

余計な講釈を述べるつもりはありませんが、

写真家の手掛けるコラージュって凄く為になります。

 

 

f:id:hynm_takeuchi:20180531143810p:plain

↑どうせならこのくらい揃えたいところです(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【WEB SHOP】

f:id:hynm_takeuchi:20180531143952j:plain

https://takeproduct.stores.jp/

EVA-TRIO

 EVA-TRIO  フライパン

f:id:hynm_takeuchi:20170608082613j:plain

 デンマークのキッチンブランド『eva-trio』のマットなブラックが特徴の「デュラライン」。

 

熱伝導率の良いアルミに内側にフッ素樹脂加工を施した優れモノのフライパン。

・・・・それって普通のフライパンと同じじゃん!

と突っ込まれそうですが、今まで個人的に買ってきたのって、鉄鋳物のスキレットや鉄の中華鍋系が多かったので、ちょっと新鮮。

 

f:id:hynm_takeuchi:20170608082640j:plain

 

とは言えども、普通のホームセンターなどで売ってるフライパンが5~6個買えちゃう値段なので、何処が違うのか確かめながら使うのを楽しみにしています。

 

f:id:hynm_takeuchi:20170608082732j:plain

 

 

ちなみに、もれなくコペンハーゲンの街並みに似合いそうな袋が付いてくるのが、個人的に超ポイント高し(笑)

f:id:hynm_takeuchi:20170608082846j:plain

 

たぶん、近々これでデンマークの豚料理フレスケスタイを作ります

f:id:hynm_takeuchi:20141014134411j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【WEB SHOP】

f:id:hynm_takeuchi:20180530101601p:plain

https://takeproduct.stores.jp/

松本クラフトフェア 2018

この週末は、日本一の規模とクオリティーを誇ると言われている、松本クラフトフェアにずっといました。

f:id:hynm_takeuchi:20180526131449j:plain

 

妻のまみがしさんが出店という事で、搬入搬出の為の人員として駆り出されていました(笑)

f:id:hynm_takeuchi:20180527105155j:plain

実は、クラフトという響きとイメージにちょっと違和感を感じる、ひねくれ者な私としては初めての入場でいい機会だったので、まったりと過ごそうと意気込んでいましたが・・・

 

終始、まみがしさん行列が凄いことになっていてドン引き・・・

f:id:hynm_takeuchi:20180527105211j:plain

 

 

って事で、普段仕事でしか使ってなかったX-E2を片手に、娘達と会場をウロウロすることに。

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526101715j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526101839j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526101958j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526102526j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180527112802j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526102657j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526102810j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526103725j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526105037j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526105123j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526105213j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526105312j:plain

 

 

歩きすぎてお腹が減ったので

f:id:hynm_takeuchi:20180527094855j:plain

 

ランチタイム。ワシはカオマンガイ

f:id:hynm_takeuchi:20180526110249j:plain

 

娘達はホットドッグ。その顔やめろし。

f:id:hynm_takeuchi:20180526105948j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526111732j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526121946j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526130630j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526131100j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526131149j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526131312j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526114825j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526131554j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526131716j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526132147j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526132239j:plain

 

危うくこの店で

f:id:hynm_takeuchi:20180526102120j:plain

買い物をしそうになったので、撤退。

f:id:hynm_takeuchi:20180526132759j:plain

 

 

そこから先は、最近娘達を撮ってなかったので、チャーチャーとカメラ遊び。

f:id:hynm_takeuchi:20180526115104j:plain

 

f:id:hynm_takeuchi:20180526115124j:plain

 

だから、この顔やめろし。

f:id:hynm_takeuchi:20180526115151j:plain

 

 

そんなこんなで、一家ヘトヘトになった体に大好きな中華を流し込んで、慰労会。

f:id:hynm_takeuchi:20180527192916j:plain

 

そんな感じの、相変わらずこの時期イベント漬けな妻と、相変わらずそれにくっついて邪魔ばかりする父娘達でした

 

 

 

 

 

 

【WEB SHOP】

f:id:hynm_takeuchi:20180518115857p:plain

https://takeproduct.stores.jp/

takeproduct.stores.jp

 

 

 

ガラスで一合

F/style  再生ビンのビーカー・計量カップ

f:id:hynm_takeuchi:20170426211628j:image

 

リサイクルで回収されたビン(日本酒、ワイン、焼酎等)を切り出して再加熱し、ガラスの宙吹き技法をもとに手仕事でアップサイクルされたもの。

 

f:id:hynm_takeuchi:20170426211640j:image

遮光機能を持たせた色付きのビンは、選別などリサイクルに多くのコストがかかるため、透明なガラスビンに比べて再生される率が低いのが現状というところからこのプロダクトが産まれた様子。

 

f:id:hynm_takeuchi:20170426211649j:image

とは言えども、いかにも

「リサイクルました!環境問題考えてまーす!」

というアプローチを前面に出さず、あくまでプロダクトとしての立ち位置を追求している温度感が心地良いです。

 

ちなみにお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、一昨年も買っています(二合バージョンを)。

 

これは純粋にお米の計量用に使おうかな。

 

 

 

 

 

 

 

【WEB SHOP】

何点か売り切れていたアイテムも少しずつですが入荷しました。

f:id:hynm_takeuchi:20180421112419j:plain

https://takeproduct.stores.jp/

takeproduct.stores.jp

ミティラーアートと悪趣味ブーム

ミティラーアートのトレー(ネパール)f:id:hynm_takeuchi:20180518094245j:plain

※ミティラーアートとは

3000年の昔から、ミティラー地方の女性達により伝承されてきた文化。富や多産、豊穣、健康といった日々の祈りを形に表す物として母から娘に受け継がれてきて、本来は家の土間や土壁に儀式として描かれ、祭りが終わったら消されるという物でしたが、1967~68年の飢饉に端を発した、女性の自立のための美術運動によって、この伝統美術を応用した商品が多く作り出されるようになりました。

 

 

独特の観点でディフォルメされた、上手いとか下手という物差しでは計れないところが、民族文化品の魅力。

f:id:hynm_takeuchi:20180518094334j:plain

そういった視点ではミティラー画は相当な高得点といったところでしょうか。

 

ちなみに、すごく個人的な解釈になりますが、

ねこぢる氏の描いてきた目とミティラー画はちょっと似ていて

(彼女がミティラーアートを真似したわけでは無いでしょうが)

f:id:hynm_takeuchi:20180522144049j:plain

その虚無を含んだような何とも言えぬ眼の表現とインド・ネパールの生と死の価値観のような物が見事にマッチングするあたりに
ねこぢる氏のインド・ネパールに引き込まれていった理由が見え隠れするのでは。。。

と、当時の悪趣味ブームに影響を受けまくった私が言っていますが、気にしないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【WEB SHOP】

f:id:hynm_takeuchi:20170831100529j:plain

https://takeproduct.stores.jp/

takeproduct.stores.jp

 

 

Instagram

www.instagram.com

TKNK(タケノコ)

 今年もきました。この時期が。

 

 

竹内という苗字だけに(?)我が家の片隅には淡竹(はちく)の竹林がありまして、

f:id:hynm_takeuchi:20180518070357j:plain

 

 

生えてきたのですよ。今年もタケノコ(TKNK)が。

f:id:hynm_takeuchi:20180518070348j:plain

 

 

毎朝、このレベルの本数が収穫されます。

f:id:hynm_takeuchi:20180518070247j:plain

 

 

煮物はもちろん、

 f:id:hynm_takeuchi:20180521165822j:image

 

 

長野ではタケノコ汁と言って、当たり前のように味噌汁にタケノコと鯖缶を入れた郷土料理があります。

f:id:hynm_takeuchi:20180519193950j:image

 これがまた絶品なり。

 

 

・・・って、ふたを開けたら去年とほぼ同じ内容のブログになってました(笑)


 

 

 

 

 

 

【WEB SHOP】

タケノコは売ってませんが(笑)、こちらもどうぞ★

f:id:hynm_takeuchi:20180521170952p:plain

https://takeproduct.stores.jp/

takeproduct.stores.jp

トライバルラグに夢中

1940年~1950年代のイランのバルーチ族製と思われる、ミフラープ(聖龕〈せいがん〉)デザインのラグ。

 

f:id:hynm_takeuchi:20180518092303j:plain

 

ここしばらく気にはなっていたジャンルですが、

先日妻のまみがしさんから誕生日プレゼントとしてもらって以降、火が付いてしまいました(苦笑)

takeuchi.blog.houyhnhnm.jp

 

 

これも前回と同じ、約90×140cmのチェイレキというサイズで寺院の屋根をメッカに向けてお祈りするためのラグ。

f:id:hynm_takeuchi:20180518092553j:plain

 

これがまた、床に敷くだけではなく、壁に飾るのにもピッタリなサイズ感。

 

f:id:hynm_takeuchi:20180518091818j:plain

 

とりあえず、バルーチ族とか1940~50年代とか分かったような事を言いましたが、調べれば調べるほど奥が深い世界で、産地や年代はちょっと自信がありません。

が、だからこそゴールの見えなさが魅力的ですよね。

 

・・・とりあえず、↑のような事をもっと若い頃に感じて様々な勉強に精を出していたらどれだけの実りがあった事やら・・・。

 

 

 

 

【WEB SHOP】

f:id:hynm_takeuchi:20180518115857p:plain

先日でオンラインストア1周年を迎えました。思い返せば、多くの見知らぬお客様と多くのリピーターの皆様に支えられた一年でした。

引き続き「なんだこれは」的なスタンスで進みたいと思いますので、よろしくお願いします!

https://takeproduct.stores.jp/