読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイヒトトゥルム

Product Other

LEUCHTTURM 1917  ペンループ

f:id:hynm_takeuchi:20170112202716j:image

 

LEUCHTTURM社と言えばドイツで90年の歴史を持つ文具メーカーですが、

そこの手帳用のペンループがなかなか使えて◎

 

モレスキンなど筆頭に世の中様々な手帳が出ている反面、せっかくいい手帳発見してもペンホルダーが無い事により断念する事も多々。。。

 

もちろん金属製のバネ式ペンクリップ↓もあるけど、

f:id:hynm_takeuchi:20170118153043j:plain

なにせ収まりが悪いし脱落しやすいという弱点がありまして、あまり好きじゃないのですよ。

 

 

それに比べてコレは粘着シールで裏表紙に貼るタイプなので、外れる心配も軽減。

f:id:hynm_takeuchi:20170112202729j:image

強いて弱点を言えば「貼り直しのきかない一度きりの使い切り品」ってとこでしょうか。 

 

 

早速例の「大きすぎる手帳」こと、デスクブロックのカレンダー帳に貼ることに。

takeuchi.blog.houyhnhnm.jp

 

ようやくスッキリ収まりました。

f:id:hynm_takeuchi:20170112202741j:image

バネ型のホルダーと違いゴム紐製なので金属のペンも傷つきません。

 

 

 

カラバリも結構あるので、手帳の用途によって使い分けてもいいですね。

 

LEUCHTTURM 1917 ペンループ パープル[HD274]

LEUCHTTURM 1917 ペンループ パープル[HD274]

 

 

LEUCHTTURM 1917 ペンループ[HD274]

LEUCHTTURM 1917 ペンループ[HD274]

 

 

LEUCHTTURM 1917 ペンループ レッド[HD274]

LEUCHTTURM 1917 ペンループ レッド[HD274]

 

 

LEUCHTTURM 1917 ペンループ ブラウン [HD274]

LEUCHTTURM 1917 ペンループ ブラウン [HD274]

 

 

LEUCHTTURM 1917 ペンループ ライトグリーン[HD274]

LEUCHTTURM 1917 ペンループ ライトグリーン[HD274]

 

 

 

デジタルツールのアクセサリー選びも楽しいけど、

こういったアナログな付属品遊びも、違った魅力があります。

 

 

 

 

モーターサイクルコート(仏蘭西)

Fashion Product Other

フランス軍

モーターサイクルコート(50's)

 f:id:hynm_takeuchi:20170117211337j:image

 

フランス陸軍のオートバイ部隊・外人部隊共用のモーターサイクルコート。
フランス領だったコロニーアルジェリアなどでの活躍で知れたアイテム。

 

 

実は10代後半に蚤の市でコレと同じ物を激安で購入したはいいけど(確か1000円以下)詳細は知らず、、、

しかもヴィンテージ特有の雰囲気とボリュームの存在感とヨーロッパ物の品性に若造の私は馴染めずに手放すハメに。

 

f:id:hynm_takeuchi:20170117211358j:image

 

そして、この歳になってフラリと入ったUSED SHOPで見つけてGET。

いわゆるノスタルジック買いですね。

 

f:id:hynm_takeuchi:20170117211432j:image


厚手のコットンキャンバスに、オーバーサイズなラグラン・スリープが今っぽいかもしれません。
そしてアームホールのアジャスターのみならず、裾付近にもバイク乗降時を意識したアジャスター付きベルトがあるも特徴的。

ちなみに私はバイク乗りませんが (^_^;)

 

 

 長い月日が経ち、その間このコートの歴史と用途も知識として脳裏にこびり付き、この歳になって薄汚れてきた中年となった身としては、当時よりこのコートと仲良く付き合える気がした次第。

いわゆる昔の恋人と再婚みたいな?

はたまた熟年愛人契約か?(笑)

 

f:id:hynm_takeuchi:20170117211455j:image

 ちなみにC・W・ニコルと身長&体重が全く同じ私が着てもこんなにたっぷりしてます。

 

数は多くないでしょうが、その割にこのような40〜50年代の逸品がウン千円で出回っているところも、ヨーロッパミリタリーの楽しみ方の一つですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日のインスタ」

https://www.instagram.com/p/BPRXupejZ5o/

雪が降り過ぎぃぃぃぃ~!!!

 

 

 

 

 

 

CHEF

年末から正月にかけて妻と娘達が宮城の実家に帰省していた10日間。

色々とやることはあれど、所々で暇な時間も出来るのは自然な事で、そんな時はいっそのことDVDでも見ながらまったり過ごそうと決意。

その中でも印象に残っているのがコレ。

 

 

 

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

 

f:id:hynm_takeuchi:20170105232017j:plain

 

伊丹監督の「たんぽぽ」から始まり、このテのグルメ系ってつい反応しちゃいます。

 

グルメ系映画も数多く出回っていますが、やはりガッカリする機会が多くて大抵その理由は「食べ物がそんなに出てこないじゃん!」という不満。

そう言った意味では、この映画はとても見応えがありました。

f:id:hynm_takeuchi:20170105232629j:plain

f:id:hynm_takeuchi:20150308182401j:plain

f:id:hynm_takeuchi:20170105233019j:plain

 

自分の中にも食べ物系作品の最低限のラインってのがありまして、

・作っている過程のレシピ感(どの材料をどう入れているのか。盛り付け方法。)

・完成した料理をしっかりと魅せるカットの差し込み。

・食べる人の表情。

 

ぶっちゃけ、そこさえ押さえていたらストーリーはむしろこのくらいシンプルで丁度いいです。

 

このシェフ3人がソースを試食して「やっべ!うっめ!」とか言ってる姿なんか見た後には

f:id:hynm_takeuchi:20170105233822p:plain

そんな奴らがいる店行きたいと本気で思いました。

 

 

・・・・・うーん。

こんなネタ書いていたらお腹が空いてきたので、もう終了。

こんな映画をスナック類を食べながら見てればそりゃ正月じゃなくても太りますわw

 

 

 

 

 

沈黙の次に美しい音

「沈黙の次に美しい音」とは良く言った物で、そんな音を聞くことが出来る場所と言えば「月光茶房」

 

たまには行きたい。営業時間は何時か?とHPを久々に覗いたら

f:id:hynm_takeuchi:20170113085406j:plain

http://gekkosaboh.com/

 

残念ながら長期休業とのこと。

またの再開を楽しみに。。。

 

それと同時にオーナーの原田さんの過去のBlogも再読。

 

Timbre and Tache

f:id:hynm_takeuchi:20170113085835j:plain

 

写真のみならず文章までもキレイでしかし時折見せるアヴァンギャルドな表現。そしてちょっと熱いけどほぼ平常心以下なBlogが本当に大好きです。

しかも、マニアックなようで実はさほどマニアックではない内容が凄く見易い。

私には真似出来ないし、そう言ったスタンスではないと確信しているからこそ、余計に尊く感じます。

 

いつも大した事の無い写真と、品性の欠片の無い文章を垂れ流している私が言うのも何ですが、

原田さんにはBLOGだけでもまた復活して欲しいものです。

 

 

やはり、そんな人が作り出す店もやはり絶妙なんですよ。

作り込み過ぎず、見せつけ過ぎず。しかし居心地はいい。でも入りづらい。

そんなクリエイションや人に憧れるけど、そこも真似しようにも出来ない。自分が一番よく分かってます。。。。

 

 

 

 

最後に原田さんがあげていた画像でNEW ORDERのクリスタルのLP。

https://www.instagram.com/p/BPIBdznDjVk/

やっぱり大好きなジャケット。Juergen TellerとPeter Savilleの凄さを15年越しで感じる。

 

timbre-and-tache.blogspot.jp

 

 

名盤で私もCD持っていますが、改めてLP盤も欲しくなってしまいました。

もちろん飾る用に(笑)

しかし現在なかなかこのバージョンのLPは中古でも出回っていない模様。

 

 

誰かちょうだい★

 

 

 

雪仕様

Fashion Product Other

Mandom セーフティ HIGH

f:id:hynm_takeuchi:20170104095419j:image

 

岡山県倉敷市の株式会社丸五から発売している安全靴シリーズの「Mandom」から出ているハイカットシューズ。

 

・樹脂製先芯。

・防水フィルム内蔵により地面から18㎝までの防水。

・軽量長靴に比べて、約1/2の重さ。

いわゆるスニーカー+長靴+安全靴的な感覚ですね。

 

今まで長野に拠点を移して以降、毎年の雪対策に

SORELのBEARや

f:id:hynm_takeuchi:20170111145858j:plain

 

カリブー

f:id:hynm_takeuchi:20170111145909j:plain

 

そしてHUNTERなど

f:id:hynm_takeuchi:20170111145918j:plain

 

その他色々と履いてきましたが、どれも名作な反面、脱着時のストレスや歩行時の重苦しさがしんどい時も多くてお蔵入りになることも多々・・・・。

 

いっその事、雪はもちろん泥の中まで躊躇せずに入れる「安くて軽くて薄い(価値観的に)」

でも値段の割にはデザインも悪くないし、履き心地もストレスを感じない。

そんなブーツを探していた時に見つけたのが今回のコレ。

 

f:id:hynm_takeuchi:20170111150646j:plain

 

 

 

見た目的には某アウトドアブランドのアレやコレっぽい気もしましたが、

素材の使い方やプロテクティブスニーカー仕様な所は全くデザインとしての意図は違うし、先芯から産まれる吊り気味のボッテリとしたトゥの雰囲気はコッチの方が好きかも。。。何より人とカブりずらいし(笑)

 

とにかく、近年のワーク系既製服のデザイン革命(大袈裟ですがw)は無視できません。

 

まぁ、結局は安物買いの銭失いには変わりありませんがね (;^ω^)

 

 

そろろろ「いい物は高い」というのお言葉を述べた川久保玲社長に対して、全力で土下座した方がいいのでしょうか。。。。

 

 

 

安い・早い・美味い

Food

ども。

新年、何かと行事やら新年会が重なり、その度に酒が飲めない私はオードブルや大皿料理の揚げ物をオレンジジュースのアテにして、二次会で背脂たっぷりラーメンをコーラで流し込むという生活が続いた竹内です。

まだ死にたくない。

 

 

その話は置いておいて、中途半端に健康志向なフリをするのが好きな私が半年近く前から朝食代わりに飲んでいるのがコチラ。

 

 

イチビキ あま酒

 

f:id:hynm_takeuchi:20170110134318j:plain

 

これは、簡単に言うと濃縮タイプで水で薄めて飲むスタイルですが、自分の場合はちょっと水を多めで割って、そのぶん

ツルヤの飲むヨーグルトとブレンドして、さらに軽く温めて毎朝飲んでます。

f:id:hynm_takeuchi:20170110135751j:plain

 

味も、ちょっとボッテリしたホットヨーグルト的な感覚でアリなんです。

 

 

乳酸菌の力なのかプラシーボ効果なのか知りませんが、今のところ例年と違い風邪もノロもインフルにもかからず元気に過ごしています。

 

まぁ「まもるちからのみず」も飲んでいるので、結局のところ何がいいのかわかりませんが(笑)

takeuchi.blog.houyhnhnm.jp

 

 

ちなみに、甘酒とヨーグルトを単純計算してコップ一杯分で約50円ぐらい。

 

 

「健康風プレイ」的な感じなので、高いとダメというマイルールのもとやってます。

案外、高額なほど飽きるのも早い性格なのでw

 

 

 

ちなみに

甘酒ヨーグルトはダイエットに最適とか言われますが、自分は相変わらず太っています。ご安心くださいwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日のインスタ」

https://www.instagram.com/p/BPC-fsfDxYA/

どんど焼きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

MAKITA教

Interior Product Other

MAKITA

マックパック TYPE2

f:id:hynm_takeuchi:20170102213501j:image

f:id:hynm_takeuchi:20170102213625j:image

 

 

つい先日、初売りでMAKITAのクーラーボックス買いましたが、

takeuchi.blog.houyhnhnm.jp

その時に眼をつけていたマックパックも回収。

 

 

 もちろん、あのクーラーボックスとのスタッキング&ホールドも完璧。

f:id:hynm_takeuchi:20170102213542j:image

 

箱マニアとしては、この相互性がたまりませんね。

 

 現在、妻子が帰省中ということで

f:id:hynm_takeuchi:20170102213557j:image

無駄に家の中をセットでウロウロと思う存分持ち運んだり、

 

 

ロゴとロゴの組み合わせで

f:id:hynm_takeuchi:20170102213716j:image

 ニヤニヤしています(笑)

 

 

こうやって、また

「職人でも無いのに道具だけは一人前だな!」

と大工さん達から失笑を買うのですね(笑)